心療内科で用いているアロマテラピー

PR

家族が通院している心療ナイスの待合室は
いつもアロマテラピー効果が高い香りを欠かさない。

患者の気持ちをリラックスさせる配慮なのだ。

病院に行くのは嫌だと言い、
いつも出かけるまぐずぐずしている
家族も待合室に入ると気持ちが落ち着くようだ。

アロマテラピーの効果がどれほど
有効なのかはわからないが、
不快な香りだとクレームをつける患者がいないところを見ると
それなりの役割は果たしているのだろう。

受付のスタッフに聞くと、
その日の気温や天候に合わせて
少しずつ香りを調整しているようである。

アロマテラピーには人の気持ちを和ませる香りが存在し
有効な治療方法と言うことも証明されているため
心療内科でも積極的に取り入れたいるのだ。

PR

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください