ららぽーと沼津周辺が交通渋滞で深刻な状況に

PR

10月2日のプレオープン当日。
大変な事態が発生しました。
駐車場への入庫が間に合わず、近隣道路が渋滞して完全に交通マヒしました。

一番深刻なのは愛鷹スマートICから国道一号線に抜ける道路が完全にストップしました。
普段5分で通過しますが今回は一時間ほど掛かったようです。

富士市と繋がっている道路も国道一号線も完全アウトです。

原因は右折入庫を認めた事ですね。
上記画像は右折入庫待ちですが、左折と直進を捌いてから数台右折を処理するの繰り返しなので、全然進みません。

救急車、消防車、パトカー、バス、タクシー、一般者全て止めてしまったわけです。

なにか重大な問題(救急車関連等)が発生した場合、だれが責任取るのでしょうね。

PR

4件のコメント

  • カズ

    ららぽーと沼津から直線距離で100メートル程度のところに住んでいます。
    このプレオープンの日から、地元住民も満員でバスに乗れない現象が多発していて、地域住民から大問題化しつつあります。
    特に本田町経由のバスは1時間に1本も無い時間帯が日に数時間有り、完全に麻痺状態です。
    沼津駅から市立病院の中間にららぽーとがある為、通院患者がバスに乗れない大きな問題、通勤利用客もバスに乗れなくなってます。
    原因はららぽーとがシャトルバスの運営要請を拒み続けている事、敷地内にタクシーやバスのターミナルを防犯理由に置かせない事が大きいと、東海バス職員が沼津駅ターミナルで地元客に謝罪と共に説明する異常事態と成っています。
    ららぽーと近郊を走るバスは2系統有るのですが、1日あたり全便で40便も無かった土地柄、東海バスも近隣の協力会社にバスと運転手の協力を求めてフル回転の状態でも、この有様です。
    コストの問題なのか?ららぽーと側の非協力的な姿勢で、住民は大迷惑です。

    • KITA-PON

      コメントありがとうございます。
      プレオープンの日は異常事態でしたね。
      藤棚周辺は完全にマヒしていました。
      これから年末にかけて混雑が予想されるので、ららぽーと(三井)側は対応策を考えて欲しいです。

  • 住民は大迷惑

    答えは簡単、右折入庫を完全に禁止し駐車場をもう1つ増やせばよいだけ 沼津なんて土地は高くないのだからそれができないはららぽーとの怠慢

    • KITA-PON

      コメントありがとうございます。
      そうですよね。
      路上駐車場は結構余裕あるので、左折入庫のみでうまくやりくりすれば、かなり緩和されると思います。

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください